主要な貢献者ではないものの、インターネットは世界の炭素排出量の3.7%(航空3%より多い)を占めており、もはや無視することはできない。
London’s burning: At least four major fires ravage the city, damaging homes.

イギリスの気温は40.3度(華氏104.5度)となり、過去最高を記録したことになる。ロンドンの一部では火災が発生したが、夕方から雷雨に見舞われ、多少は緩和された。

イーストロンドン、ウェニントンの燃える家屋(スカイニュース)

この2週間、イギリス、フランスなどで記録的な猛暑が続き、ヨーロッパの多くの地域が猛暑や気候の急激な変化に対応できるように設計されていない、という恐ろしい事実が明らかになりつつあります。英国気象庁は、最高度の気象警報である「赤色警報」を異例の暑さの日に発令した。

  • ネットワーク・レールによると、ロンドンでは、線路上で約120°Fに達する記録的な高温の結果、鉄のレールが膨張し、座屈した。また、この猛暑で線路に引火する事故も発生しました。
  • また、道路や滑走路も暑さのために変形し、ケンブリッジのA14は大きなねじれが生じて通行止めになった。
  • 英国は猛暑のため "火薬庫 "と化し、消防士が炎と闘っています。
  • ロンドン消防隊が重大事態を宣言し、100台以上の消防車が出動しました。
  • ロンドンでは、アップミンスター、ウェニントン、ピナー、サウスゲート、クロイドン、ダゲナム、ウェンブリー、ヘンドン、エルサムで火災が発生しました。
  • さらに、ダートフォードやコーンウォールのゼノールやナレヘッドなどの観光地でも火災が発生しています。
  • GoogleとOracle Corp.のロンドンのデータセンターが熱のために崩壊し、数千のウェブサイトがオフラインになりました。

今のヨーロッパは控えめに言っても本当に不快で、特にエアコンのない高齢者には危険な暑さなのに、メディアは華氏100度を超えると街が溶け出したり、自然発火するかのように報道しています。

による BBC 熱波による死者数は2020年には2000人、今後数十年で3倍に増えると予想されています。

重要なインフラを守るために、CO2排出量の削減を急ぐことを考える。

航空機の利用を減らす、化石燃料の代わりに再生可能エネルギーに切り替える、大気中の二酸化炭素を吸収するために植樹数を増やすなど、潜在的にはいくつかの対処法があります。

どれも特にすぐに実現できるものではありませんが、中には追求するのが簡単なものもあります。しかし、インターネットの役割については、ほとんど議論されていないテーマの一つです。インターネットが地球温暖化の原因であると真剣に考えないのは、インターネットが生み出す排出物を見ることができないからかもしれません。キーボードからも、ビッグデータセンターにつながる煙突からも、煙は出ていません。実は、世界の電力の10%(その大半は化石燃料による)は、インターネットによって使われているのです。

この数字は、アフリカやアジアの巨大な新興国を中心に、世界中でより多くの人々がインターネットにアクセスできるようになるにつれて増え続け、数年以内に倍増するとの予測もあります。

ほとんどの人は、批判されている航空機産業よりもインターネットの方がエネルギーを使っていると知って驚く。

家庭のタブレット端末や職場のパソコン、データセンターや伝送ネットワークで使用される電力など、インターネットの活動範囲を考えると、その出力は膨大であり、私たち全員がそれに貢献していることになります。

月間5万件のページビューを基に計算すると、一般的なウェブサイトでは年間1トン以上の二酸化炭素が発生することになります。中には、それ以上のページビューがあるウェブサイトもあり、毎月50万ページビューとなると、年間10トンものCO2が排出されることになります。

では、私たち全員がこの問題に対処するためにはどうしたらよいのでしょうか。一般市民にとって幸いなのは、現存する19億のウェブサイトの所有者に大きな責任があることです。

エコ・フレンドリー・ウェブ・アライアンス(EFWA)の科学諮問委員会の計算によると、環境に配慮したウェブサイトは、1回のページビューで1グラム以上のCO2を発生させないそうです。

ほとんどのウェブサイトは、肥大化を排除し、低解像度のグラフィックスを活用し、ユーザーが入力したときに自動的にビデオを再生しないようにすることで、簡単にそれを行うことができます。また、さらに進化させることも可能です。

企業や組織は、再生可能エネルギーを使ってサービスを運営しているホスティング・プロバイダーを選ぶべきです。ウェブサイトの所有者は、自分たちのウェブサイトの排出量に基づいて、植樹、再野生化、再生農業の支援などの行動を起こすことができます。

健全な気候を促進するウェブサイトは、これを実行することで作ることができます。全世界で1,000万件のウェブサイトがこれを実施すれば、50万トンのCO2が環境から排除されることになるのです。

チームEFWA